Webマーケティングの手法「STP分析」について

Posted: 1月 2020 in ネット関係
10

製品やサービスを展開する際にマーケティング戦略で迷ったことはありませんか?効果的なマーケティング戦略の立案のためWebマーケティングの手法「STP分析」について知り、マーケティングに活用してみましょう。

STP分析とは、「セグメンテーション」、「ターゲティング」、「ポジショニング」の3つの英単語の頭文字をとったマーケティングの手法のことです。それぞれ、市場の細分化、ターゲット層の抽出、立ち位置の明確化を表しています。セグメンテーションでは、ユーザのニーズやライフスタイル、年齢など様々な要素で市場を細分化(グループ化)していきます。次にターゲティングでは、細分化した市場を評価し、どのグループをターゲットとするのか決定します。最後にポジショニングで、ターゲットとした市場における自社の製品やサービスの立ち位置を明確にすることで、マーケティング戦略を立案することができるようになります。このとき、顧客視点に立って自社の立ち位置を評価することで、より明確なポジショニングが可能になります。注意すべき点としては、市場の成長率などを考慮すること、現実的なデータに基づいて実施することなどが挙げられます。

www.webconsulting.jp

RSS Feed
By: admin