ダウンジャケットに使われる素材の種類について

Posted: 12月 2019 in ショッピング
19

ダウンジャケットに使われる素材の種類についてご存知ですか?最も使われている素材は加工のしやすいナイロンですが、それ以外にもポリエステルやカシミアなどそれぞれ特徴を持った素材を組み合わせて作られる場合もありますので、ジャケット選びの参考にするべく調べておきましょう。

ダウンジャケットに使われる素材として代表的なものは「ナイロン」であるとされています。ナイロンは加工しやすい素材で、冬場に着用する事が多いダウンジャケットにおいて重要となってくる撥水・防水加工も施しやすいという利点があります。このナイロンが最もポピュラーな素材ですが、それ以外だと「複数の素材を混ぜ合わせたもの」が使われる事も少なくありません。その場合に用いられるのは「ポリエステル」や「カシミア」、「ウール」などが主流です。ポリエステルは水に強い性質を持っていて劣化しにくく、乾燥する速度も速いという特徴を備えています。またカシミアには優れた肌触りが、ウールには暖気を逃がさない保温性が備わっており、それらを組み合わせてダウンジャケットが作られていくのです。暖かさの感じ方は個人個人で異なるので最適なダウンジャケットを探すのも簡単ではありませんが、どんな素材がどの程度使われているのかという点もジャケット選びのポイントの一つとして覚えておきましょう。

ランウェイチャンネル

RSS Feed
By: admin