名刺のPP加工とはどんな加工方法?

Posted: 8月 2020 in ビジネス関係
15

名刺の「PP加工」という言葉をご存じですか?方法によっては高級感を出せ、また落ち着いた雰囲気を出すことも可能です。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。ワンランク上の、大人のたしなみを得ることが出来るでしょう。それぞれの加工方法の違いを調べ、検討してみてください。

名刺の「PP加工」とは名刺に特殊なフィルムを張ることにより、汚れ防止や耐久性を上げる加工方法のことをいいます。PP加工には様々な種類があります。「マットPP加工」は名刺の光沢感を抑えた仕上がりとなります。その結果、光の反射が少ないため落ち着いた印象を受ける名刺となります。通常の名刺よりも、高級感を出したい時に役立つ加工方法です。また「グロスPP加工」は、光沢感を強く出す加工方法です。この方法では、色鮮やかに名刺を作ることが出来ます。そのため、デザインを前面に出したい時におすすめの加工方法です。「マットPP加工」は控えめで落ち着いた雰囲気。「グロスPP加工」は華やかで、まぶしい印象を受けます。それぞれが異なる加工方法で、雰囲気も大きく違います。「PP加工」は、TPOに合わせて使用することが出来る使い勝手の良い名刺加工技術です。ただ注意点がいくつかあります。薄い仕様の名刺では、フィルムを張る際に用紙が縮んでしまい、名刺本体が反りやすくなってしまいます。また、この加工方法ではフィルムを用いますので、フィルムそのものに傷が付きやすくなります。傷が目立てば、名刺を渡す相手方に失礼になるのでしっかりとした管理が必要です。「PP加工」は名刺そのものに高級感や、落ち着きをあたえます。さらに名刺の耐久性を上げ、汚れ防止になるという強みがあります。フィルムの傷を上手く保護出来れば、社会人としてより一歩進んだ存在になれるでしょう。

名刺作成なら【名刺21】

RSS Feed
By: admin