DCモータとACモータの違いとは?

Posted: 7月 2020 in ビジネス関係
20

DCモーターとACモーターはいったいどう違うのでしょうか。優れたDCモーターと、需要のあるACモーター、長期的使用や生活に沿った使用など自分の設計している機械の目的に合わせてどちらに適しているのか、ぜひ判断材料にしてください。

モーターの選定をするときに考えなければいけないことは、設計している機械にACモーター・DCモーターのどちらの駆動力が適しているかという事です。

DCモーターは、±の動きが一定の直流電源で動作します。低電圧で回転も安定しており、装置が小型化出来ます。また、力の制御がACモーターよりも優れていて、動作音が静かです。ただ、ブラシなどが部品に組み込まれているため、経年劣化によるノイズや回転のムラが発生しやすくなります。モーターの収納や重量に気を遣うOA機器などに利用されています。これを利用した扇風機は、省エネで送風の微調節が得意です。

対して、ACモーターは+-が時間ごとに入れ替わる交流の電源で動作します。ブラシが構成されておらず、簡単で劣化の少ない構造で耐久性があります。ベクトル制御方式を採用しているので、DCモーターと遜色ない性能があります。しかし、周波数に応じた一定の回転速度しか得られず、高い周波数や過負荷によりエラーを起こすので、速度制御を苦手としています。機器の長期寿命を考えて設計される大型のロボットなどに採用されています。

ユニテックのDCモータ

RSS Feed
By: admin